巨人ドラ1西舘勇陽の憂鬱…「奪三振1」は“東都のドクターK”の自信になるか、悩みの種か?

公開日: 更新日:

 まだキャンプも半分を過ぎた時期だ。ギアを上げるのはこれからで、焦る必要はないとの声はある。それでも本人は不安を感じ始めているのかもしれない。

【写真】この記事の関連写真を見る(19枚)

 三振と空振りを取れるようにーー。

 18日、そんなテーマを掲げて今キャンプ初の対外試合となる韓国サムスン戦に先発した、巨人ドラフト1位右腕の西舘勇陽(21)。結果は2回2安打1失点で、奪三振は空振り三振1つだけだった。

 中大時代はMAX155キロの速球と多彩な変化球を武器に「東都のドクターK」と言われ、巨人入団が決まった当初は阿部慎之助監督もリリーフ起用、抑え抜擢の可能性を口にしていた。

「西舘は1イニングを三者凡退に抑えた11日の紅白戦初登板後も、『空振り三振を取れていない。結果的に(バットに)当てられている』と反省を口にしていた。確かに奪三振率が高いとの前評判の割には、ここまでは空振り率が低い印象です。もちろん、時期が時期ですし、本領を発揮するのはこれからでしょうが、プロとアマでは打者のコンタクト能力に大きな差がある。質のいいボールを、なおかつコースにしっかり投げ切れなければ、そう簡単に空振りは取れない。本人が『空振りが……』『三振が……』と繰り返し口にしているのは、その辺の戸惑いがあるのかもしれませんね。すでに先発起用が決まったわけだし、そこまで気にする必要はないと思うのですが」(他球団スコアラー)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う