大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)の英語力が格段にレベルアップしているという。

 日本時間14日には、パドレス戦を前に中継局のESPNの番組にビデオ出演し、英語で自身のスパイクを紹介。同局によれば、スパイクの特徴を流暢に説明する大谷の英語力にインタビュアーも驚いていたという。

 大谷は3月26日、水原一平元通訳(39)による違法賭博、不正送金に関して報道陣に対応した際、初めて事実を知ったのは韓国開幕戦(同20日)のミーティングだったと明かし、「彼(水原元通訳)は全て英語で話していたし、その時、僕に通訳が付いていなかったので、完全には理解できていなかった」と話したが、グラウンドでは通訳いらずだ。

 これまで球場内ではもちろん、銀行の口座開設など、公私にわたって水原元通訳にオンブに抱っこだった。金銭管理まで元通訳に任せっ切りにしていたため、不正送金という大事件を招いた。

 球団は新たにウィル・アイアトン氏を臨時通訳に起用したが、大谷はこれまでのように頼ってはいない。練習中やベンチでは通訳抜きで同僚と会話しているシーンが目立ち、これは大谷自ら積極的にコミュニケーションを取っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる