「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)の元通訳の悪辣ぶりが露呈した。

 米司法省は日本時間11日、水原一平容疑者(39)を銀行詐欺の疑いで訴追したと発表。会見した同省のマーティン・ストラーダ連邦検事によれば、水原は違法賭博によって巨額の損失を抱え、自身が管理する大谷の口座から2年以上にも渡って不正送金していた。大谷の口座情報には自身の電話番号やメールアドレスを登録し、本人を装って銀行に電話していたことも録音記録から確認された。水原の損失額は約62億円にのぼるという。

 金額の大きさには驚くばかりだが、今回のスキャンダルで改めて露呈したのが、一介の通訳に好き勝手にやられた代理人のネズ・バレロ氏を中心とする「チーム大谷」によるサポート体制がまるで機能していないことだ。

 これまで大谷自身に対する疑念を報じてきたドジャースの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「オオタニはギャンブラーではなかった」と題した特集記事を掲載。コラムニストのビル・プラシュケ氏は「オオタニは今、家を掃除すべき」とし、「まずネズ・バレロを解雇し、彼の危機広報担当者の大半をクビにすべきだ」と糾弾した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今