「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

公開日: 更新日:

 本塁打王と2度のMVPという実績をひっさげ、プロスポーツ史上最高額でドジャースに移籍した大谷翔平(29)。メジャーでベーブ・ルース以来となる二刀流選手の礎を築いたのは日本ハムだろう。

 大谷を獲得した当時のGMである山田正雄スカウト顧問に結婚、二刀流、その素顔などを聞いた。今回はその【第3回/全4回】

  ◇  ◇  ◇

 ──二刀流が誕生したきっかけを改めて。

「山田さんが二刀流を勧めたんでしょ? という人もいるんだけど。実際、そういう立場でもなかったし、考えたこともなかった。(投手と野手)どっちかをフツーはやるんだろうというね。そういう発想がなかったものですから。ただ、年が明けて自主トレが始まる前に、栗山さんからどっちがいいの? と聞かれたときに、『ピッチャーもいい、バッターもいい』って……なんかこう優柔不断のように、両方いいんじゃないですかと。

どっちがいいって言えないから、それはもう、現場の方で、栗山さんに見てもらって、そこで判断してくださいよと。そういう話なんです。それがどっかで、栗山さんが両方やらせてみよう、見てみようと思ったんじゃないですかね。実際には僕らでなく、栗山さんがそういう考えでやってくれたんだと思います」

 ──栗山監督にはどっちもいいと話したそうですが、山田さん自身はピッチャーとバッター、どっちだと。

「ピッチャーとしてはもうひとつ、コントロールが問題でしたから、ちょっと時間がかかるかなぁと。ただ、いいときもありましたからね。投げられるものはもってましたから、いずれは良くなるだろうと。バッターとしては脚力があるのは分かっていましたし、1年目からかなりいけるだろうとは思ってました、使いさえすればね」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ