大谷翔平「希代の野球好き」の落とし穴…無理押して出場→全力プレーが招く最悪事態

公開日: 更新日:

 ドジャースのロバーツ監督によれば、日本時間17日のレッズ戦で牽制球を左太もも裏に受けた影響だという。

 大谷翔平(29)が26日のレッズ戦で三塁打を放ちながら全力疾走しなかった点に関してだ。

「太もも裏をケアしているところだ。昨日より今日の方が(状態は)良くなっているが、彼についてはスピードを制御しているんだ」(ロバーツ監督)

 この日は走塁をセーブしたものの、太もも裏に牽制球を食らってからも盗塁をマーク。22日のダイヤモンドバックス戦で三盗、二盗を決めて盗塁数を13に。太もも裏を痛めながら、休まないどころか走りまくっていたのだ。

 大谷は体に張りがあるくらいじゃ試合を休まない。極め付きは昨年7月28日、タイガースとのダブルヘッダー。1試合目に完封すると、休養を勧める首脳陣を制して45分後にスタートした2試合目にスタメン出場。本塁打を2本放った。

 試合を休もうとしないのは、野球が好きで、プレーするのが楽しくて仕方ないからだろう。なにしろニューヨーク遠征では宿舎と球場以外、外に出かけたことがないほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質