西武「100敗ペース」で迎える戦慄の株主総会…球団売却の話題は不可避か

公開日: 更新日:

 監督交代という荒療治の効果もなく、交流戦でも断トツの最下位に沈んだ西武。20日間の期間中に10もの借金を上積みして、ここまで19勝44敗の勝率.302とシーズン100敗ペースで黒星を重ね続けている。

「年間100敗を喫した例は、長いプロ野球史でも1度だけ。1961年に近鉄が記録した36勝103敗1分けが最初で最後です。メディアでも100敗がクローズアップされ、球団関係者は頭を抱えている。今月21日には親会社の西武ホールディングスの株主総会を控えているからなおさらです」(放送局関係者)

 球団幹部は昨年の同総会でも株主から責め立てられた。強制性交容疑で書類送検されていた山川穂高(現ソフトバンク)について、「起訴、不起訴に関わらず、解雇を考えていいのでは」と迫られ、長髪をなびかせる高橋光成、今井達也に対しても、「見苦しい。食事がまずくなる。注意できないのか」と、相次いで苦言を呈された。

「17年の株主総会では、16年まで3年連続Bクラスに沈んでいたチームに対し、『ライオンズのためにもっとお金を使うべきだ』『選手強化の取り組みが不十分』。それ以前にも『〇〇を使え』などと用兵や采配への注文が出ることがあった。4年連続V逸中の西武は、そのうちBクラスが2度で、今季このまま反攻することなく終えれば、5年で2度目の最下位。株主総会では球団売却を求める意見が出ることも想定されています」(同)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差