著者のコラム一覧
持丸修一専修大松戸 野球部監督

1948年4月17日、茨城県北相馬郡藤代町(現取手市)出身。国学院大4年時から母校・竜ケ崎一高野球部のコーチを務め、社会科教員の傍ら27歳で監督就任(75~96年)。藤代(97~2003年)、常総学院(03~07年)、専大松戸(07年~)の4校を率いて計11回、甲子園に出場している。現役の教え子にロッテ美馬学、日本ハム上沢直之、DeNA深沢鳳介らがいる。

いざ実戦投入してビックリ、一度も遠征に連れていかなかった1年生内野手をメンバー登録した

公開日: 更新日:

 今週末に専大松戸は夏の千葉大会の初戦を戦います。

 春季関東大会以降は県外の強豪校と練習試合を重ねてチームの強化に邁進。試合で勝っている、負けている、何点差か……といった実際の試合展開は度外視して、「もし相手投手からまったく打てていない状況だとしたら」「この回でどうしても1点が必要だとしたら」など、本番で起こりうるさまざまな状況を想定して、みっちり鍛えたつもりです。

 6月下旬はこれでもかというくらい厳しく選手に接して追い込みをかけましたが、今は「ほとんど何も言わない指導」に切り替えました。

 私は本番のベンチでは必要最低限の指示しか出しません。実際にプレーする選手たちは相当緊張しているだろうから、言いすぎると逆効果だからです。つまり、選手たちが状況に応じて自分の頭で考えてプレーすることが重要になってくる。今のうちからこれに慣れさせておくために、あえて静観のスタイルを取っているのです。

 先日、選手登録を済ませました。

 前回のコラムで、「遠征不参加の選手は学校のグラウンドで練習をさせているが、彼らにもチャンスは十分ある」と書きました。今回のベンチ入りメンバーにもひとり、一度も遠征に参加していない選手がいます。1年の内野手です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」