• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腸はなんでも知っている!」真野わか著

 24時間働き続ける腸をリラックスさせて、体全体の元気を取り戻すための“養腸”セラピーを解説する。

 まずは、腸の疲れを癒やすためのマッサージを行う。両手のひらを重ねながらお腹に触れ、手首の部分を使って横から押す。皮膚の下には皮下脂肪があり、その下に筋肉があり、そのまた下に腸がある。その存在を意識しながら、左右にお腹を押していこう。無理をせず、お腹が柔らかく緩んできたと感じるまでやるのがポイントだ。

 人さし指と中指と薬指の腹で、へそのまわりを指圧するのもいい。へその左横からスタートし、左下、真下、右下、右横の5カ所を、息を吐きながら押すのがポイント。腸がほぐれて便秘解消や免疫力強化にもつながるはずだ。
(祥伝社 619円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る