「病んだ部下とのつきあい方」西多昌規著

公開日: 更新日:

 今、大企業の97.5%に、心を病んで1カ月以上休職している社員がいるという。部下を持つ立場の中高年にとって、メンタルヘルスの知識は持っていて当然の常識となりつつある。

 まず知っておきたいのが、“病んでいるサイン”だ。とくに分かりやすいのが、遅刻の増加である。うつ病には、午前中は具合が悪く、午後になると持ち直す“日内変動”という症状があるためだ。また、集中力や思考力の低下も表れるため、単純な計算ミスや書類の誤字脱字も増えてくる。

 ただし、サインに気付いてもすぐに病院の受診を勧めてはいけない。休職を突きつけられるような不安感を与えるためだ。異変に気付いていることを優しく伝え、相談に乗る機会を示すことが先決だという。
(中央公論新社 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る