「灰色の犬」福澤徹三著

公開日: 更新日:

<社会の最底辺を描く警察小説>

 かつて捜査4課の刑事だったが、捜査情報漏洩の疑いをかけられ、左遷された片桐誠一に、暴走族のリーダー、武藤が不審なものを見せた。メンバーの奥寺が伊能建設から盗み出した手提げ金庫に、4課の捜査員名簿が入っていたという。奥寺はその夜、変死体として発見された。一方、家電量販店を辞めた息子の遼平は金に困って090金融に頼り、返済のためのバイトも、伊能建設の社員とトラブルを起こしてクビになる。

 それぞれに追い詰められた父子の状況がやがてクロスする、社会の最底辺を描く警察小説。
(光文社 2000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

  10. 10

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

もっと見る

人気キーワード