「灰色の犬」福澤徹三著

公開日:  更新日:

<社会の最底辺を描く警察小説>

 かつて捜査4課の刑事だったが、捜査情報漏洩の疑いをかけられ、左遷された片桐誠一に、暴走族のリーダー、武藤が不審なものを見せた。メンバーの奥寺が伊能建設から盗み出した手提げ金庫に、4課の捜査員名簿が入っていたという。奥寺はその夜、変死体として発見された。一方、家電量販店を辞めた息子の遼平は金に困って090金融に頼り、返済のためのバイトも、伊能建設の社員とトラブルを起こしてクビになる。

 それぞれに追い詰められた父子の状況がやがてクロスする、社会の最底辺を描く警察小説。
(光文社 2000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る