• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「灰色の犬」福澤徹三著

<社会の最底辺を描く警察小説>

 かつて捜査4課の刑事だったが、捜査情報漏洩の疑いをかけられ、左遷された片桐誠一に、暴走族のリーダー、武藤が不審なものを見せた。メンバーの奥寺が伊能建設から盗み出した手提げ金庫に、4課の捜査員名簿が入っていたという。奥寺はその夜、変死体として発見された。一方、家電量販店を辞めた息子の遼平は金に困って090金融に頼り、返済のためのバイトも、伊能建設の社員とトラブルを起こしてクビになる。

 それぞれに追い詰められた父子の状況がやがてクロスする、社会の最底辺を描く警察小説。
(光文社 2000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る