「灰色の犬」福澤徹三著

公開日: 更新日:

<社会の最底辺を描く警察小説>

 かつて捜査4課の刑事だったが、捜査情報漏洩の疑いをかけられ、左遷された片桐誠一に、暴走族のリーダー、武藤が不審なものを見せた。メンバーの奥寺が伊能建設から盗み出した手提げ金庫に、4課の捜査員名簿が入っていたという。奥寺はその夜、変死体として発見された。一方、家電量販店を辞めた息子の遼平は金に困って090金融に頼り、返済のためのバイトも、伊能建設の社員とトラブルを起こしてクビになる。

 それぞれに追い詰められた父子の状況がやがてクロスする、社会の最底辺を描く警察小説。
(光文社 2000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る