「北朝鮮で何が起きているのか」伊豆見元著

公開日: 更新日:

<北朝鮮とアジアのいま>

 金正恩のトップ就任以来、挑発的な行動と言辞を繰り返す北朝鮮。果たして、その実態は――。

<南北朝鮮の休戦協定「白紙化」の真実>

 北朝鮮は常に「相手が仕掛けてきたからこちらもやむなく強気に応じるのだ」と主張する。その点は金日成時代から一貫して変わらず、受け身的な表現をとってきている。

 朝鮮戦争の休戦協定をほごにするとして騒ぎになった今年3月の発表も同じ。米韓軍事演習という「敵対勢力の極悪非道な戦争行為」を仕掛けられたがゆえに、自分たちも「朝鮮戦争停戦協定を完全に白紙化」して対抗するとしたのだ。

 著者によれば実はこれは穏健な内容。協定の「破棄」ではなく「白紙化」という言い方は駆け引きの用語だからだ。

 ところがオバマ政権は深刻に受け止め、B52戦略爆撃機を演習に投入して、かえって北朝鮮が引っ込みのつかなくなる事態を生み出してしまった、と著者。状況的にアメリカ敵対視政策に走る北朝鮮だが、今後はミサイル開発を抑え、「経済強国建設」という悲願に向かわなければ金正恩体制の永続もないだろうと著者は観察している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る

人気キーワード