「老いない腸をつくる」松生恒夫著

公開日:  更新日:

 人体最大の免疫器官といわれる腸は、ウイルスなどに負けない強い体を保つための大切な役割を担っている。ところが、その機能は20歳の頃がピークであり、75歳までには約30%も低下する。

 しかし、食事の工夫ひとつで、腸の機能低下を遅らせることは可能だ。例えば、刺し身や生卵など、生のタンパク質に多く含まれるグルタミンを積極的に取ることで、小腸の周囲のリンパ球の栄養となる他、大腸の粘膜が円滑に働くエネルギーとなる。新鮮な卵は卵かけご飯で食べたり、晩酌には刺し身を選ぶとよい。

 さらに、にがりや昆布類に含まれるマグネシウム、青魚に多いn―3系脂肪酸なども、腸の加齢を食い止めるそうだ。(平凡社 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る