• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「老いない腸をつくる」松生恒夫著

 人体最大の免疫器官といわれる腸は、ウイルスなどに負けない強い体を保つための大切な役割を担っている。ところが、その機能は20歳の頃がピークであり、75歳までには約30%も低下する。

 しかし、食事の工夫ひとつで、腸の機能低下を遅らせることは可能だ。例えば、刺し身や生卵など、生のタンパク質に多く含まれるグルタミンを積極的に取ることで、小腸の周囲のリンパ球の栄養となる他、大腸の粘膜が円滑に働くエネルギーとなる。新鮮な卵は卵かけご飯で食べたり、晩酌には刺し身を選ぶとよい。

 さらに、にがりや昆布類に含まれるマグネシウム、青魚に多いn―3系脂肪酸なども、腸の加齢を食い止めるそうだ。(平凡社 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る