「老いない腸をつくる」松生恒夫著

公開日: 更新日:

 人体最大の免疫器官といわれる腸は、ウイルスなどに負けない強い体を保つための大切な役割を担っている。ところが、その機能は20歳の頃がピークであり、75歳までには約30%も低下する。

 しかし、食事の工夫ひとつで、腸の機能低下を遅らせることは可能だ。例えば、刺し身や生卵など、生のタンパク質に多く含まれるグルタミンを積極的に取ることで、小腸の周囲のリンパ球の栄養となる他、大腸の粘膜が円滑に働くエネルギーとなる。新鮮な卵は卵かけご飯で食べたり、晩酌には刺し身を選ぶとよい。

 さらに、にがりや昆布類に含まれるマグネシウム、青魚に多いn―3系脂肪酸なども、腸の加齢を食い止めるそうだ。(平凡社 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る