「シャドウ・ストーカー」ジェフリー・ディーヴァー著、池田真紀子訳

公開日: 更新日:

■ヒット曲と連続殺人の謎

 コンサートホールの下見をしていた人気歌手ケイリーの頭上に、照明用のライトが落ちてきた。ケイリーは危うく難を免れたが、その後、ライトを点検していたボビーが殺された。ケイリーの携帯に流れてきた彼女の曲の歌詞とよく似た状況で……。2番目の殺人も2番の歌詞をなぞっていた。CBI捜査官キャサリンは、ケイリーのストーカー、エドウィンに疑いの目を向ける。キャサリンはボディーランゲージを分析してエドウィンの心理を読み取ろうとするが……。キャサリン・ダンスシリーズ第3作。
(文藝春秋 2400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  10. 10

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

もっと見る