「海女の島 舳倉島」フォスコ・マライーニ著、牧野文子訳

公開日: 更新日:

■イタリア男がつづる海女文化の記録

 人類学者で日本でも教壇に立っていた著者が1964年に刊行した本の新装版。

 イタリア男が海女に興味を示す時点で不埒な思惑を想像するが、否、海女の文化を日本人以上に理解し、咀嚼(そしゃく)したエッセー風の記録だ。柳田国男の記した海女文化が形成されている村の文献を基に、行き着いたのが日本海・能登の舳倉島。観光見せ物としての海女ではなく、海とともに生きる人々の文化を見事にあぶり出した。

 海女たちの快活さと力強さ、美しさとしたたかさは文章と写真からもにじみ出ている。
(未來社 1800円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る