「ライカでグッドバイ」青木冨貴子著

公開日: 更新日:

■「ベトナムのキャパ」になりたい

 ベトナム戦争の惨状を撮影した「安全への逃避」でピュリツァー賞などを受賞した報道写真家・沢田教一。1970年、カンボジアの戦場で銃弾に倒れるまでのその34年の人生の軌跡を追ったノンフィクション。

 1936年に青森市で生まれた氏は、浪人時代の写真店でのアルバイトをきっかけにカメラに開眼。米軍三沢基地での仕事を経て上京し、UPI通信写真部に採用される。報道写真家として名を上げたいと願う沢田は、ベトナム行きを志願するが上司に認められず、1965年に休暇をとって自費でサイゴンに飛ぶ。「ベトナムのキャパ」になりたいと死を恐れずに前線を駆け回ったその足跡を関係者らの証言を交えながら追う。
(筑摩書房 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る