「ライカでグッドバイ」青木冨貴子著

公開日:  更新日:

■「ベトナムのキャパ」になりたい

 ベトナム戦争の惨状を撮影した「安全への逃避」でピュリツァー賞などを受賞した報道写真家・沢田教一。1970年、カンボジアの戦場で銃弾に倒れるまでのその34年の人生の軌跡を追ったノンフィクション。

 1936年に青森市で生まれた氏は、浪人時代の写真店でのアルバイトをきっかけにカメラに開眼。米軍三沢基地での仕事を経て上京し、UPI通信写真部に採用される。報道写真家として名を上げたいと願う沢田は、ベトナム行きを志願するが上司に認められず、1965年に休暇をとって自費でサイゴンに飛ぶ。「ベトナムのキャパ」になりたいと死を恐れずに前線を駆け回ったその足跡を関係者らの証言を交えながら追う。
(筑摩書房 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る