「ライカでグッドバイ」青木冨貴子著

公開日: 更新日:

■「ベトナムのキャパ」になりたい

 ベトナム戦争の惨状を撮影した「安全への逃避」でピュリツァー賞などを受賞した報道写真家・沢田教一。1970年、カンボジアの戦場で銃弾に倒れるまでのその34年の人生の軌跡を追ったノンフィクション。

 1936年に青森市で生まれた氏は、浪人時代の写真店でのアルバイトをきっかけにカメラに開眼。米軍三沢基地での仕事を経て上京し、UPI通信写真部に採用される。報道写真家として名を上げたいと願う沢田は、ベトナム行きを志願するが上司に認められず、1965年に休暇をとって自費でサイゴンに飛ぶ。「ベトナムのキャパ」になりたいと死を恐れずに前線を駆け回ったその足跡を関係者らの証言を交えながら追う。
(筑摩書房 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

もっと見る