「ライカでグッドバイ」青木冨貴子著

公開日:  更新日:

■「ベトナムのキャパ」になりたい

 ベトナム戦争の惨状を撮影した「安全への逃避」でピュリツァー賞などを受賞した報道写真家・沢田教一。1970年、カンボジアの戦場で銃弾に倒れるまでのその34年の人生の軌跡を追ったノンフィクション。

 1936年に青森市で生まれた氏は、浪人時代の写真店でのアルバイトをきっかけにカメラに開眼。米軍三沢基地での仕事を経て上京し、UPI通信写真部に採用される。報道写真家として名を上げたいと願う沢田は、ベトナム行きを志願するが上司に認められず、1965年に休暇をとって自費でサイゴンに飛ぶ。「ベトナムのキャパ」になりたいと死を恐れずに前線を駆け回ったその足跡を関係者らの証言を交えながら追う。
(筑摩書房 820円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る