• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腰痛の9割は医者なしで治せる!」坂戸孝志著

 生理学博士であり、東京で「痛みの専門院」の院長を務める著者が開発した“緩消法”を紹介する本書。硬くなっている筋肉を緩め、骨盤の歪みも調整することで腰の痛みを和らげる方法だ。

 まず椅子に腰かけて、膝の皿の上の、太ももの筋肉が始まるあたりから足の付け根に向かって叩いていく。両手のひらの小指側の側面を使い、できる限りの強さで叩くのがポイントだ。

 これは、太ももの筋肉をほぐすためではなく、腰椎の1~4番周辺の筋肉の緊張を和らげるのが目的。

 叩く順番や姿勢を守って行うことで、すぐに腰の軽さを感じることができるという。
 事故により14年間腰痛に苦しめられたという著者の体験から編み出された緩消法。試してみる価値はありそうだ。
(KADOKAWA 781円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る