• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腰痛の9割は医者なしで治せる!」坂戸孝志著

 生理学博士であり、東京で「痛みの専門院」の院長を務める著者が開発した“緩消法”を紹介する本書。硬くなっている筋肉を緩め、骨盤の歪みも調整することで腰の痛みを和らげる方法だ。

 まず椅子に腰かけて、膝の皿の上の、太ももの筋肉が始まるあたりから足の付け根に向かって叩いていく。両手のひらの小指側の側面を使い、できる限りの強さで叩くのがポイントだ。

 これは、太ももの筋肉をほぐすためではなく、腰椎の1~4番周辺の筋肉の緊張を和らげるのが目的。

 叩く順番や姿勢を守って行うことで、すぐに腰の軽さを感じることができるという。
 事故により14年間腰痛に苦しめられたという著者の体験から編み出された緩消法。試してみる価値はありそうだ。
(KADOKAWA 781円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る