「こんな健康法はおやめなさい」中原英臣著

公開日: 更新日:

 健康番組で紹介されるお手軽な健康法について、医学博士である著者が“時間とお金の無駄”と斬って捨て、その根拠と正しい方法を導き出していく。
「食物繊維をたっぷり取って便秘を解消し、大腸がんを予防する」という健康法があるが、実は15年に及ぶ厚生労働省の調査では、大腸がんと便秘の関連性は“ない”ことが分かっているという。週に2、3回しかお通じがない人と毎日ある人とでは、大腸がんの発生率に差はなかったそうだ。大腸がんを予防したいなら、ニンジンやカボチャに豊富なベータカロテンがおすすめ。動物実験でも、がんの発生率が低下することが明らかになっている。

 他にも、黒酢で血液サラサラ、ココアで風邪予防なども、根拠のない健康法だとか……。
(PHP研究所 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る