「兵器と戦術の世界史」金子常規著

公開日: 更新日:

■勝敗に果たした兵器の役割を検証

 兵器の性能は軍事力の優越を決め、時に国の運命さえ左右する。本書は、戦闘の変遷を、兵器装備がその勝敗に果たした役割から検証した名著。

 初期の兵器は、刀や槍の白兵(近接格闘戦で使用する刃物の兵器)だが、同時に投石や弓矢などの投てき兵器を使って敵を弱体化、無力化する考えも発生した。そして、領土の拡大とともに軍隊の規模も大きくなり、洋の東西を問わず二輪の戦車が戦場に登場。出土品から紀元前1600年ごろには既に木製の戦車が投入されていたことが分かるという。そうした古代の戦闘から、ミサイル形式の対空・対戦車火器が初めて有効的な働きをした第4次中東戦争まで俯瞰しながら「兵器と戦術」の役割を検証する。
(中央公論新社 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る