「それでも「美談」になる高校サッカーの非常識」加部究

公開日:  更新日:

――全国高校サッカー選手権の季節が訪れましたが、過激なタイトルの本です。
「Jリーグの誕生で指導者養成にライセンス制度を採用するなどサッカー界は他スポーツよりも進んでいる印象がありますが、名門校ほど旧態依然とした体質が残っている場合が多くあります」

――問題はどこに?
「精神面の鍛錬と言って長時間のランニングや筋トレを課します。生徒の発育を阻害し、深刻なケガを招きかねません。OBや上級生らによる体罰やしごきが、伝統として残っている例も多い」

――Jクラブでそういう話は聞きません。なぜ高校のサッカー部には残っているのでしょうか?
「ひとつは指導者の勉強不足が挙げられます。しかし、密室のような状況の下、生徒は先生に逆らえないし、結果を出して“名将”になれば、誰も意見のできないアンタッチャブルな存在になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る