「それでも「美談」になる高校サッカーの非常識」加部究

公開日: 更新日:

――全国高校サッカー選手権の季節が訪れましたが、過激なタイトルの本です。
「Jリーグの誕生で指導者養成にライセンス制度を採用するなどサッカー界は他スポーツよりも進んでいる印象がありますが、名門校ほど旧態依然とした体質が残っている場合が多くあります」

――問題はどこに?
「精神面の鍛錬と言って長時間のランニングや筋トレを課します。生徒の発育を阻害し、深刻なケガを招きかねません。OBや上級生らによる体罰やしごきが、伝統として残っている例も多い」

――Jクラブでそういう話は聞きません。なぜ高校のサッカー部には残っているのでしょうか?
「ひとつは指導者の勉強不足が挙げられます。しかし、密室のような状況の下、生徒は先生に逆らえないし、結果を出して“名将”になれば、誰も意見のできないアンタッチャブルな存在になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  6. 6

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る