「ケネディ暗殺 ウォーレン委員会 50年目の証言(上・下)」フィリップ・シノン著、村上和久訳

公開日: 更新日:

■没後50年にして明かされた証言

 ケネディ大統領暗殺からちょうど50年の昨年、愛娘キャロラインが駐日大使になった。いま再びケネディ神話がよみがえる。

 ケネディ暗殺から1週間後、急きょ大統領に昇格したジョンソンは事件を調査する公式の委員会を発足させた。委員長は最高裁長官アール・ウォーレン。共和党員で保守派の法律家だが、保守派の期待に反してリベラルな判決を次々に打ち出し、歴史にはむしろリベラルな最高裁判事として記録されることになった法律家である。

 委員会は最終的にリー・オズワルドの単独犯行説を打ち出したが、調査には手抜かりがあるとも噂され、いまに至るまで数々の陰謀説が飛び交った。

 本書はこの世紀の悲劇の裏側を、没後50年に合わせて改めて調査したノンフィクション。ウォーレン委員会が判断するための材料となった現場での調査を、当時若手の法律家として手がけた世代が、いま高齢になって当時の模様を匿名で証言。それをもとに元「ニューヨーク・タイムズ」の敏腕記者がまとめた。共産主義シンパだったオズワルドが暗殺事件直前にキューバに旅した彼の背後関係に迫る本書はミステリー小説より迫力満点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る