「自殺」末井昭著

公開日: 更新日:

■60年前、母親がダイナマイト心中

「写真時代」の元編集長として知られる著者は子どもの頃、衝撃的な体験をした。
 肺結核が治る見込みがないため病院から戻された母が、父と喧嘩をした後、8歳下の隣家の一人息子とダイナマイト心中をした。父が鉱山の仕事をしていたため、家にダイナマイトがあったのだ。
 2009年に「自殺防止」について朝日新聞のインタビューを受けて以来、著者は自殺について考えるようになった。自殺する人は孤独に死んでいくが、人と人がつながり合っていれば自殺は減るのではないか。ブログ連載の単行本化。
(朝日出版社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る