日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぜんそくは自分で治せる」久徳重和著

 気管支ぜんそくは、吸入ステロイドを使いながら一生つきあっていくしかない病気と思われている。しかし、自身のクリニックで長年ぜんそくの治療に携わってきた著者は、ぜんそくの根治は可能だと断言する。

 ぜんそくの根治に重要なのが、その原因を見つけ出すこと。中でも、症状にもっとも影響力を持つ心理的要因を探ることが重要であるという。発作を引き起こすのは、季節変化やダニ、ほこりなど外因性のものもあるが、心の不安定さなど内因性のものも非常に大きい。ぜんそくのガイドラインでも、「激しい感情の表出」がリスクファクターとされている。

 自分はどんなことに悩みやすいかなど、性格傾向を知ることもぜんそく根治の第一歩だ。
(祥伝社 667円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事