『「腸と脳」によく効く食べ方』松生恒夫著

公開日: 更新日:

 腸と脳には深いつながりがある。体が冷えた状態が続くと、脳がストレスを感じ自律神経の交感神経を緊張させる。すると、腸の血管が収縮し、血行が悪くなって腸停滞を招き、腸内環境も悪化する。

 また、ファストフードや脂っこい料理ばかりを食べることで体内に活性酸素が増えると、腸がさびついて機能しにくくなり、免疫力も低下する。腸は本来、活性酸素の除去能力に優れているが、一方で脳は他の臓器と比べてその能力が低い。つまり、腸の働きが低下すると活性酸素は体内にたまり続け、脳はそのダメージを受けやすくなるのだという。

 本書では、腸と脳の関係を詳述しながら、オリーブオイルやペパーミントなど、腸と脳どちらも健康にする食品を紹介していく。
(青春出版社 829円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  6. 6

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  7. 7

    三田寛子“梨園ゴッドマザー”襲名 芝翫の不倫にまた神対応

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    2000万回再生の復讐動画!浮気男の部屋にラメパウダーを…

  10. 10

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

もっと見る

人気キーワード