• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『「腸と脳」によく効く食べ方』松生恒夫著

 腸と脳には深いつながりがある。体が冷えた状態が続くと、脳がストレスを感じ自律神経の交感神経を緊張させる。すると、腸の血管が収縮し、血行が悪くなって腸停滞を招き、腸内環境も悪化する。

 また、ファストフードや脂っこい料理ばかりを食べることで体内に活性酸素が増えると、腸がさびついて機能しにくくなり、免疫力も低下する。腸は本来、活性酸素の除去能力に優れているが、一方で脳は他の臓器と比べてその能力が低い。つまり、腸の働きが低下すると活性酸素は体内にたまり続け、脳はそのダメージを受けやすくなるのだという。

 本書では、腸と脳の関係を詳述しながら、オリーブオイルやペパーミントなど、腸と脳どちらも健康にする食品を紹介していく。
(青春出版社 829円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る