『「腸と脳」によく効く食べ方』松生恒夫著

公開日: 更新日:

 腸と脳には深いつながりがある。体が冷えた状態が続くと、脳がストレスを感じ自律神経の交感神経を緊張させる。すると、腸の血管が収縮し、血行が悪くなって腸停滞を招き、腸内環境も悪化する。

 また、ファストフードや脂っこい料理ばかりを食べることで体内に活性酸素が増えると、腸がさびついて機能しにくくなり、免疫力も低下する。腸は本来、活性酸素の除去能力に優れているが、一方で脳は他の臓器と比べてその能力が低い。つまり、腸の働きが低下すると活性酸素は体内にたまり続け、脳はそのダメージを受けやすくなるのだという。

 本書では、腸と脳の関係を詳述しながら、オリーブオイルやペパーミントなど、腸と脳どちらも健康にする食品を紹介していく。
(青春出版社 829円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る