• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「薬なし、自分で治すパニック障害」森下克也著

 強い恐怖や不安を感じるとき、動悸や発汗、窒息感などが表れ、症状の激しさが10分以内に頂点に達するパニック障害。現状では抗うつ薬や抗不安薬が治療に用いられているが、副作用や薬からの離脱の難しさという問題点がある。そこで本書では、パニック障害を心の病ではなく身体の病と捉え、薬に頼らない治療を考えていく。

 パニック障害では交感神経の過緊張により全身の筋肉が緊張することがある。そこで有効なのが、漸進的筋弛緩法だ。椅子に座って右手に力を入れて握りしめ、3~4回呼吸して一気に力を抜く。左手、そして肩や足でも行う。筋肉の緊張を和らげることは、精神の不安や恐怖の軽減にもつながるという。
 パニック障害の完治を目指す第一歩だ。
(KADOKAWA 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る