• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者が見放したがんと闘う47の法則」星野仁彦著

 心療内科医である著者は、かつてS状結腸がんを患い、“5年生存率0%”と宣告されたことがあるという。しかし、それから23年が経過し、今も現役医師として活動を続けている。本書では、自身が実践してきたがん克服法を伝授していく。

 食事療法のひとつとして取り入れたいのが、「ゲルソン療法」である。これは、1930年代にドイツ人医師が考案したもので、食事から塩分や脂肪を抜き、大量の生野菜ジュースを飲むことが基本。ジュースの量は1回400ミリリットルを1日3回以上、合計1200~1500ミリリットル飲む。また、玄米でビタミンB群を大量に取り、肝臓を活性化させて代謝を促すことも不可欠だという。

 薬に頼らず、がん細胞を増やさない生活習慣が分かる。
(セブン&アイ出版 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る