「医者が見放したがんと闘う47の法則」星野仁彦著

公開日:  更新日:

 心療内科医である著者は、かつてS状結腸がんを患い、“5年生存率0%”と宣告されたことがあるという。しかし、それから23年が経過し、今も現役医師として活動を続けている。本書では、自身が実践してきたがん克服法を伝授していく。

 食事療法のひとつとして取り入れたいのが、「ゲルソン療法」である。これは、1930年代にドイツ人医師が考案したもので、食事から塩分や脂肪を抜き、大量の生野菜ジュースを飲むことが基本。ジュースの量は1回400ミリリットルを1日3回以上、合計1200~1500ミリリットル飲む。また、玄米でビタミンB群を大量に取り、肝臓を活性化させて代謝を促すことも不可欠だという。

 薬に頼らず、がん細胞を増やさない生活習慣が分かる。
(セブン&アイ出版 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る