「医者が見放したがんと闘う47の法則」星野仁彦著

公開日: 更新日:

 心療内科医である著者は、かつてS状結腸がんを患い、“5年生存率0%”と宣告されたことがあるという。しかし、それから23年が経過し、今も現役医師として活動を続けている。本書では、自身が実践してきたがん克服法を伝授していく。

 食事療法のひとつとして取り入れたいのが、「ゲルソン療法」である。これは、1930年代にドイツ人医師が考案したもので、食事から塩分や脂肪を抜き、大量の生野菜ジュースを飲むことが基本。ジュースの量は1回400ミリリットルを1日3回以上、合計1200~1500ミリリットル飲む。また、玄米でビタミンB群を大量に取り、肝臓を活性化させて代謝を促すことも不可欠だという。

 薬に頼らず、がん細胞を増やさない生活習慣が分かる。
(セブン&アイ出版 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  7. 7

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  8. 8

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

もっと見る