• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「万病を防ぐ!ふくらはぎ足裏もみ」青坂一寛著

 足裏にはあらゆる臓器に対応する“反射区”があり、東洋医学ではこれを刺激することで不調回復に役立つと考えられている。しかし、足裏の反射区は非常に細かく分けられており、専門家でない限り位置を正確に捉えることは難しい。

 そこで本書では、足裏の刺激法を解説しながら、足裏よりも簡単なふくらはぎもみの方法を伝授していく。心臓からもっとも遠いふくらはぎの筋肉を柔らかくしておくと、“第2の心臓”のような役割を果たし、血液やリンパ液の流れが促進されて、老廃物の排出にも役立つ。

 膝窩筋(しっかきん)と呼ばれる膝裏の筋肉を左の親指で押さえながら、右手の親指でふくらはぎ全体を40~50回指圧する。これだけで体全体がポカポカと温まってくるはずだ。
(宝島社 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る