「万病を防ぐ!ふくらはぎ足裏もみ」青坂一寛著

公開日: 更新日:

 足裏にはあらゆる臓器に対応する“反射区”があり、東洋医学ではこれを刺激することで不調回復に役立つと考えられている。しかし、足裏の反射区は非常に細かく分けられており、専門家でない限り位置を正確に捉えることは難しい。

 そこで本書では、足裏の刺激法を解説しながら、足裏よりも簡単なふくらはぎもみの方法を伝授していく。心臓からもっとも遠いふくらはぎの筋肉を柔らかくしておくと、“第2の心臓”のような役割を果たし、血液やリンパ液の流れが促進されて、老廃物の排出にも役立つ。

 膝窩筋(しっかきん)と呼ばれる膝裏の筋肉を左の親指で押さえながら、右手の親指でふくらはぎ全体を40~50回指圧する。これだけで体全体がポカポカと温まってくるはずだ。
(宝島社 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る