「万病を防ぐ!ふくらはぎ足裏もみ」青坂一寛著

公開日:  更新日:

 足裏にはあらゆる臓器に対応する“反射区”があり、東洋医学ではこれを刺激することで不調回復に役立つと考えられている。しかし、足裏の反射区は非常に細かく分けられており、専門家でない限り位置を正確に捉えることは難しい。

 そこで本書では、足裏の刺激法を解説しながら、足裏よりも簡単なふくらはぎもみの方法を伝授していく。心臓からもっとも遠いふくらはぎの筋肉を柔らかくしておくと、“第2の心臓”のような役割を果たし、血液やリンパ液の流れが促進されて、老廃物の排出にも役立つ。

 膝窩筋(しっかきん)と呼ばれる膝裏の筋肉を左の親指で押さえながら、右手の親指でふくらはぎ全体を40~50回指圧する。これだけで体全体がポカポカと温まってくるはずだ。
(宝島社 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る