• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『ぶし味噌レシピで「腸内リセット」』松生恒夫監修、タカハシユキ料理

 私たちの腸には、全身を病気から守る免疫細胞の約60%が集まっているといわれる。そして、大切な腸を元気にするためには、腸内環境を整える食べ物を取るのが一番の近道だ。

 その2大成分が、善玉菌を増やす植物性乳酸菌と、免疫機能を担うリンパ球の栄養となるグルタミン酸であるという。この2つを毎日の食事で簡単に取るために本書が勧めるのが、「ぶし味噌」。作り方は、300グラムの味噌に対して10~15グラムのかつおぶしを混ぜ合わせるだけ。いたってシンプルだが、味噌汁はもちろん、主菜や副菜にも使えて腸も元気になる便利な調味料なのだ。

 サイコロ状に切った山芋とご飯を、コンソメスープとぶし味噌で煮たリゾットなど、ぶし味噌活用レシピも満載だ。
(グラフィック社1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る