日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「戦国大名」黒田基樹著

■最新研究が明かす戦国大名の全体像

 1980年代以降、急速に進展した戦国大名研究の成果を集約して、その全体像を明らかにした歴史概説書。
 戦国大名とは、領国を支配する「家」権力であり、戦国大名=大名家当主のことではない。当主は「家」権力の統括者であり、権力体としての戦国大名は「当主を頂点に、その家族や家臣などの構成員を含めた組織であり、経営体ととらえるのが適当」だという。戦国大名の領国は、実質的にも名目的にも一個の自立した国家として存在していた。その家中の構成や構造、支配基盤となる村に課していた税制、領国の拡大における地域分権化、そして戦国大名間の戦争などを検証しながら、その統治構造を解説する。
(平凡社 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事