「戦国大名」黒田基樹著

公開日: 更新日:

■最新研究が明かす戦国大名の全体像

 1980年代以降、急速に進展した戦国大名研究の成果を集約して、その全体像を明らかにした歴史概説書。
 戦国大名とは、領国を支配する「家」権力であり、戦国大名=大名家当主のことではない。当主は「家」権力の統括者であり、権力体としての戦国大名は「当主を頂点に、その家族や家臣などの構成員を含めた組織であり、経営体ととらえるのが適当」だという。戦国大名の領国は、実質的にも名目的にも一個の自立した国家として存在していた。その家中の構成や構造、支配基盤となる村に課していた税制、領国の拡大における地域分権化、そして戦国大名間の戦争などを検証しながら、その統治構造を解説する。
(平凡社 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

もっと見る