「戦国大名」黒田基樹著

公開日: 更新日:

■最新研究が明かす戦国大名の全体像

 1980年代以降、急速に進展した戦国大名研究の成果を集約して、その全体像を明らかにした歴史概説書。
 戦国大名とは、領国を支配する「家」権力であり、戦国大名=大名家当主のことではない。当主は「家」権力の統括者であり、権力体としての戦国大名は「当主を頂点に、その家族や家臣などの構成員を含めた組織であり、経営体ととらえるのが適当」だという。戦国大名の領国は、実質的にも名目的にも一個の自立した国家として存在していた。その家中の構成や構造、支配基盤となる村に課していた税制、領国の拡大における地域分権化、そして戦国大名間の戦争などを検証しながら、その統治構造を解説する。
(平凡社 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る