「ヴィジュアル歴史図鑑 世界の鉄道」フランコ・タネル著、黒田真知、田中敦訳、岩田斎肇

公開日:  更新日:

■写真を見ているだけでワクワクする鉄道歴史図鑑

 人類の歩みと切り離すことができない鉄道の歴史を一望する豪華ビジュアル図鑑。

 蒸気機関車の発明は、イギリスのジョージ・スティーブンソンとされ、その栄誉を彼が独占してきた。彼が最初に製造した蒸気機関車は、1814年ごろにキリングワース炭鉱で使用され、40トン以上の石炭を積んだ8台の貨車を引いて4マイルの坂を上る能力があったという。

 しかし、実はその10年前にリチャード・トレビシックという技術者が最初の蒸気機関車を世に送り出していた。彼は自分の発明を広く伝えるためにロンドンの広場に円形の線路を敷いて、集まった観客に試乗までさせた。

 そうした前史に始まり、英国で成功を収めた鉄道がまたたく間に伝播(でんぱ)しての各国の鉄道事始め、長距離化にともなう寝台車や食堂車の登場、長大なオリエント急行やシベリア横断鉄道の開通、第2次世界大戦と鉄道との関係、電車やディーゼル機関車の台頭、そして現代の各国の高速鉄道状況まで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る