「ヴィジュアル歴史図鑑 世界の鉄道」フランコ・タネル著、黒田真知、田中敦訳、岩田斎肇

公開日:  更新日:

■写真を見ているだけでワクワクする鉄道歴史図鑑

 人類の歩みと切り離すことができない鉄道の歴史を一望する豪華ビジュアル図鑑。

 蒸気機関車の発明は、イギリスのジョージ・スティーブンソンとされ、その栄誉を彼が独占してきた。彼が最初に製造した蒸気機関車は、1814年ごろにキリングワース炭鉱で使用され、40トン以上の石炭を積んだ8台の貨車を引いて4マイルの坂を上る能力があったという。

 しかし、実はその10年前にリチャード・トレビシックという技術者が最初の蒸気機関車を世に送り出していた。彼は自分の発明を広く伝えるためにロンドンの広場に円形の線路を敷いて、集まった観客に試乗までさせた。

 そうした前史に始まり、英国で成功を収めた鉄道がまたたく間に伝播(でんぱ)しての各国の鉄道事始め、長距離化にともなう寝台車や食堂車の登場、長大なオリエント急行やシベリア横断鉄道の開通、第2次世界大戦と鉄道との関係、電車やディーゼル機関車の台頭、そして現代の各国の高速鉄道状況まで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る