「ヴィジュアル歴史図鑑 世界の鉄道」フランコ・タネル著、黒田真知、田中敦訳、岩田斎肇

公開日: 更新日:

■写真を見ているだけでワクワクする鉄道歴史図鑑

 人類の歩みと切り離すことができない鉄道の歴史を一望する豪華ビジュアル図鑑。

 蒸気機関車の発明は、イギリスのジョージ・スティーブンソンとされ、その栄誉を彼が独占してきた。彼が最初に製造した蒸気機関車は、1814年ごろにキリングワース炭鉱で使用され、40トン以上の石炭を積んだ8台の貨車を引いて4マイルの坂を上る能力があったという。

 しかし、実はその10年前にリチャード・トレビシックという技術者が最初の蒸気機関車を世に送り出していた。彼は自分の発明を広く伝えるためにロンドンの広場に円形の線路を敷いて、集まった観客に試乗までさせた。

 そうした前史に始まり、英国で成功を収めた鉄道がまたたく間に伝播(でんぱ)しての各国の鉄道事始め、長距離化にともなう寝台車や食堂車の登場、長大なオリエント急行やシベリア横断鉄道の開通、第2次世界大戦と鉄道との関係、電車やディーゼル機関車の台頭、そして現代の各国の高速鉄道状況まで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード