「腸寿」松生恒夫著

公開日:  更新日:

“長寿な腸”をつくるための、77の生活習慣について紹介する本書。

 まず、一日のうちで腸がもっとも活発に動くのは、副交感神経が優位になっている起床直後の時間帯である。この時に排便を促すのが、コップ1杯の水を飲むことと、きちんと朝食を取ることだ。これらを怠ると、せっかくの腸の動きがすぐに停滞してしまう。

 また、寝る前の飲食は避けること。就寝中、十二指腸からはモリチンというホルモンが分泌され、消化酵素などの分泌を促進させ胃や腸を含めた消化管をきれいにする役割を果たす。しかし、胃に食べ物が残っているとモリチンの分泌が悪くなり、消化管の掃除が滞る。少なくとも、就寝の3時間前までには食事を完了しておくのが理想である。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る