• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腸寿」松生恒夫著

“長寿な腸”をつくるための、77の生活習慣について紹介する本書。

 まず、一日のうちで腸がもっとも活発に動くのは、副交感神経が優位になっている起床直後の時間帯である。この時に排便を促すのが、コップ1杯の水を飲むことと、きちんと朝食を取ることだ。これらを怠ると、せっかくの腸の動きがすぐに停滞してしまう。

 また、寝る前の飲食は避けること。就寝中、十二指腸からはモリチンというホルモンが分泌され、消化酵素などの分泌を促進させ胃や腸を含めた消化管をきれいにする役割を果たす。しかし、胃に食べ物が残っているとモリチンの分泌が悪くなり、消化管の掃除が滞る。少なくとも、就寝の3時間前までには食事を完了しておくのが理想である。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る