「腸寿」松生恒夫著

公開日: 更新日:

“長寿な腸”をつくるための、77の生活習慣について紹介する本書。

 まず、一日のうちで腸がもっとも活発に動くのは、副交感神経が優位になっている起床直後の時間帯である。この時に排便を促すのが、コップ1杯の水を飲むことと、きちんと朝食を取ることだ。これらを怠ると、せっかくの腸の動きがすぐに停滞してしまう。

 また、寝る前の飲食は避けること。就寝中、十二指腸からはモリチンというホルモンが分泌され、消化酵素などの分泌を促進させ胃や腸を含めた消化管をきれいにする役割を果たす。しかし、胃に食べ物が残っているとモリチンの分泌が悪くなり、消化管の掃除が滞る。少なくとも、就寝の3時間前までには食事を完了しておくのが理想である。
(講談社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る

人気キーワード