• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アンチエイジング・バトル最終決着」坪田一男著

 あらゆるメディアにアンチエイジング情報が氾濫しているが、どれに効果があるのかよく分からない。そこで日本抗加齢医学会理事長の著者が、30個のアンチエイジング情報を紹介し、正しいか否かについて結論を導き出していく。

 例えば、「若い肌を保つには日焼けは厳禁か」。シワの原因をつくるのは、およそ9割が紫外線だという。紫外線が、皮膚の弾力を支える線維芽細胞にダメージを与えるためだ。日光にさらされない腹や尻には顔のようなシワができないのもそのためだと本書。一方、日光はビタミンDを合成して骨を丈夫にするのにも役立つといわれる。

 著者は、日光は1日15分浴びれば十分とし、夏以外でも徹底的な紫外線対策をすべしと結論づけている。
(朝日新聞出版 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る