「アンチエイジング・バトル最終決着」坪田一男著

公開日: 更新日:

 あらゆるメディアにアンチエイジング情報が氾濫しているが、どれに効果があるのかよく分からない。そこで日本抗加齢医学会理事長の著者が、30個のアンチエイジング情報を紹介し、正しいか否かについて結論を導き出していく。

 例えば、「若い肌を保つには日焼けは厳禁か」。シワの原因をつくるのは、およそ9割が紫外線だという。紫外線が、皮膚の弾力を支える線維芽細胞にダメージを与えるためだ。日光にさらされない腹や尻には顔のようなシワができないのもそのためだと本書。一方、日光はビタミンDを合成して骨を丈夫にするのにも役立つといわれる。

 著者は、日光は1日15分浴びれば十分とし、夏以外でも徹底的な紫外線対策をすべしと結論づけている。
(朝日新聞出版 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る

人気キーワード