「アンチエイジング・バトル最終決着」坪田一男著

公開日: 更新日:

 あらゆるメディアにアンチエイジング情報が氾濫しているが、どれに効果があるのかよく分からない。そこで日本抗加齢医学会理事長の著者が、30個のアンチエイジング情報を紹介し、正しいか否かについて結論を導き出していく。

 例えば、「若い肌を保つには日焼けは厳禁か」。シワの原因をつくるのは、およそ9割が紫外線だという。紫外線が、皮膚の弾力を支える線維芽細胞にダメージを与えるためだ。日光にさらされない腹や尻には顔のようなシワができないのもそのためだと本書。一方、日光はビタミンDを合成して骨を丈夫にするのにも役立つといわれる。

 著者は、日光は1日15分浴びれば十分とし、夏以外でも徹底的な紫外線対策をすべしと結論づけている。
(朝日新聞出版 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る