『子は親を救うために「心の病」になる』高橋和巳著

公開日:  更新日:

 長年にわたって心を病む子どもを診察してきた精神科医の著者は、問題を抱える子どもの親は、親自身が心に問題を抱えているケースが多く、子どもの病によって親こそが救われると説いている。

 両親の仲が悪く母親が苦労している家庭の場合、子どもは常に母親の心配をし、我慢ばかりの生き方を引き継ぐ。そして、思春期に入ると子どもは新しい世界へ進みたい気持ちと、母親のために我慢すべきだという気持ちがぶつかり合い、自分を責め、親を恨み、心を病んで引きこもりや拒食症に陥る。

 しかしこの危機こそが、親が自分の人生と心の矛盾を解決する時だと本書。さまざまな親子のケースを挙げながら、親が子に救われ、子どもが立ち直るプロセスを明らかにしていく。
(筑摩書房 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る