「生姜だけで病気を治す」石原結實著

公開日: 更新日:

 体を温める効果がある生姜(しょうが)は、漢方医学でも古くから重宝され、紀元前500年ごろに活躍した儒教の祖・孔子も、食事の際には必ず生姜を食べていたと伝えられている。

 そして近年、生姜のさまざまな効能が科学的に明らかにされてきた。辛味成分であるジンゲロールには、血圧降下や循環促進、コレステロール低下作用が。芳香成分であるジンギベロールには血管拡張や胃健、強肝、抗酸化作用などの薬理効果があるとして、各種の病気予防や改善に活用されている。

 本書では、風邪などの呼吸器炎症にはすりおろした生姜にニンジン、大根、リンゴを混ぜて作る生ジュースを、膀胱(ぼうこう)炎には生姜を入れた紅茶を1日3回飲むなど、疾患別に有効な生姜活用レシピを紹介していく。
(廣済堂出版 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    自民党は菅首相“切り”に動く…果たしてその契機は何なのか

もっと見る

人気キーワード