• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「平穏死できる人、できない人」長尾和宏著

 日本では、1950年代までは自宅で亡くなる人が80%を超えていた。2014年の今、自宅で亡くなる人は10%ほどとなり、90%以上が病院で死ぬ時代となっている。
 医療が進んだためなどと喜んでいる場合ではない。病院で死ぬということは、過剰な延命治療を施され、自然で穏やかな死である平穏死を迎えられないということだと著者。

 胃ろうなどの人工栄養や、人工呼吸、人工透析という3大延命治療を受けるのか、それとも人間らしい平穏死を選ぶのかは、元気なうちに家族と話し合っておくべきだ。本書では、自宅でのみとりの方法や平穏死をかなえてくれる医師の探し方、そして平穏死の意思を書面で残す「リビングウイル」についてなど、詳しく紹介していく。
(PHP研究所 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る