「平穏死できる人、できない人」長尾和宏著

公開日: 更新日:

 日本では、1950年代までは自宅で亡くなる人が80%を超えていた。2014年の今、自宅で亡くなる人は10%ほどとなり、90%以上が病院で死ぬ時代となっている。
 医療が進んだためなどと喜んでいる場合ではない。病院で死ぬということは、過剰な延命治療を施され、自然で穏やかな死である平穏死を迎えられないということだと著者。

 胃ろうなどの人工栄養や、人工呼吸、人工透析という3大延命治療を受けるのか、それとも人間らしい平穏死を選ぶのかは、元気なうちに家族と話し合っておくべきだ。本書では、自宅でのみとりの方法や平穏死をかなえてくれる医師の探し方、そして平穏死の意思を書面で残す「リビングウイル」についてなど、詳しく紹介していく。
(PHP研究所 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る

人気キーワード