「平穏死できる人、できない人」長尾和宏著

公開日: 更新日:

 日本では、1950年代までは自宅で亡くなる人が80%を超えていた。2014年の今、自宅で亡くなる人は10%ほどとなり、90%以上が病院で死ぬ時代となっている。
 医療が進んだためなどと喜んでいる場合ではない。病院で死ぬということは、過剰な延命治療を施され、自然で穏やかな死である平穏死を迎えられないということだと著者。

 胃ろうなどの人工栄養や、人工呼吸、人工透析という3大延命治療を受けるのか、それとも人間らしい平穏死を選ぶのかは、元気なうちに家族と話し合っておくべきだ。本書では、自宅でのみとりの方法や平穏死をかなえてくれる医師の探し方、そして平穏死の意思を書面で残す「リビングウイル」についてなど、詳しく紹介していく。
(PHP研究所 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る