「働き盛りを襲う脳梗塞」内山真一郎著

公開日: 更新日:

 日本人の5人に1人が生涯のどこかで発症する脳卒中。そして、脳卒中の4分の3を占めるのが、脳梗塞だという。

 脳の動脈が詰まって血流が途絶え、脳細胞が死んでしまう脳梗塞は、高齢者に多い病気ではあるが、近頃では30~40代という比較的若い世代で発症する「若年性脳梗塞」が増加傾向にあると本書。42歳で脳梗塞を発症したフリーアナウンサーの沼尾ひろ子氏や、38歳ごろ、試合後に脳梗塞を発症したプロレスラーの高山善廣氏のインタビューなどとともに、発症前の自覚症状やリハビリについて解説していく。

 また、食事や運動法による脳梗塞の予防法も伝授。とくに悪影響となる喫煙も、禁煙後2~3年でリスクが大幅に減少するデータなども紹介する。
(小学館 720円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  7. 7

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  8. 8

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

もっと見る