「働き盛りを襲う脳梗塞」内山真一郎著

公開日:  更新日:

 日本人の5人に1人が生涯のどこかで発症する脳卒中。そして、脳卒中の4分の3を占めるのが、脳梗塞だという。

 脳の動脈が詰まって血流が途絶え、脳細胞が死んでしまう脳梗塞は、高齢者に多い病気ではあるが、近頃では30~40代という比較的若い世代で発症する「若年性脳梗塞」が増加傾向にあると本書。42歳で脳梗塞を発症したフリーアナウンサーの沼尾ひろ子氏や、38歳ごろ、試合後に脳梗塞を発症したプロレスラーの高山善廣氏のインタビューなどとともに、発症前の自覚症状やリハビリについて解説していく。

 また、食事や運動法による脳梗塞の予防法も伝授。とくに悪影響となる喫煙も、禁煙後2~3年でリスクが大幅に減少するデータなども紹介する。
(小学館 720円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る