「働き盛りを襲う脳梗塞」内山真一郎著

公開日:  更新日:

 日本人の5人に1人が生涯のどこかで発症する脳卒中。そして、脳卒中の4分の3を占めるのが、脳梗塞だという。

 脳の動脈が詰まって血流が途絶え、脳細胞が死んでしまう脳梗塞は、高齢者に多い病気ではあるが、近頃では30~40代という比較的若い世代で発症する「若年性脳梗塞」が増加傾向にあると本書。42歳で脳梗塞を発症したフリーアナウンサーの沼尾ひろ子氏や、38歳ごろ、試合後に脳梗塞を発症したプロレスラーの高山善廣氏のインタビューなどとともに、発症前の自覚症状やリハビリについて解説していく。

 また、食事や運動法による脳梗塞の予防法も伝授。とくに悪影響となる喫煙も、禁煙後2~3年でリスクが大幅に減少するデータなども紹介する。
(小学館 720円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る