• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

『別れを力に在宅で看取ったわが子の「証」』二宮護著

 身内を病気で失った悲しみを残された家族はどのように受け止め、乗り越えるのか。それがわかる一冊。がんに侵された13歳の長男の1年半の闘病生活と家族のその後の再生を克明に記録した。著者はフリーランスの編集・記者である父親。愛情あふれる文章に心を打たれる。

 死を前にして「ありがとう」を言い続ける長男。最期に看護師さんたちが、中学の野球部で使う試合用のユニホームに着替えさせてくれたとの記述は、涙なくしては読めない。
 人間の死には、生物的・物理的な死と、周囲の記憶から存在が消える社会的死の2種類があるという。長男の死後、周囲の励ましに、長男はまだ死んでいない、と感じられるという著者。身内を失った家族の再生に周囲がどう関わるのか。そのヒントにもなる。
(インプレスコミュニケーションズ 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る