「いま地震予知を問う」横山裕道著

公開日: 更新日:

 地震予知の最前線を取材し、その構造的矛盾に切り込んだリポート。

 78年、東海地震の予知を前提にして大規模地震対策特別措置法(大震法)が成立したが、阪神大震災も東日本大震災も予知できなかった。専門家会議は「地震予知は困難」と結論したが、気象庁や内閣府などを取材すると、政府は大震法の改正や廃止をする気はなく、従来通り東海地震の予知を目指す方針であるという。擁護派や批判派の言い分にはじまり、地震予知の現状、そして東日本大震災をはるかに超える被害が想定される南海トラフ巨大地震の予知をめぐる問題などを伝えながら、新たな発想での地震予知研究の必要性を説く。

(化学同人 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る