「いま地震予知を問う」横山裕道著

公開日:  更新日:

 地震予知の最前線を取材し、その構造的矛盾に切り込んだリポート。

 78年、東海地震の予知を前提にして大規模地震対策特別措置法(大震法)が成立したが、阪神大震災も東日本大震災も予知できなかった。専門家会議は「地震予知は困難」と結論したが、気象庁や内閣府などを取材すると、政府は大震法の改正や廃止をする気はなく、従来通り東海地震の予知を目指す方針であるという。擁護派や批判派の言い分にはじまり、地震予知の現状、そして東日本大震災をはるかに超える被害が想定される南海トラフ巨大地震の予知をめぐる問題などを伝えながら、新たな発想での地震予知研究の必要性を説く。

(化学同人 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る