「腸内細菌革命」辨野義己著

公開日:  更新日:

 腸内環境を健やかに保つことは、免疫力を強化して健康維持に役立つことが知られてきた。そして今、腸の役割の研究はさらに進み、脳の働きにも大きな影響を与えることが分かってきたという。

 腸と脳の間には「腸脳相関」と呼ばれるネットワークがあり、私たちが感じる幸福感や喜びは、腸内細菌がつくる脳内物質に支えられているのだ。

 例えば、ドーパミンが減少すると認知症やパーキンソン病のリスクが高まるが、一方で過剰につくられると統合失調症に陥るといわれている。そして、腸内環境が正常に保たれている人ほど、ドーパミンの分泌が正常に保たれていることが明らかに。ヨーグルトや納豆など、腸内細菌を活性化させる食事についても解説する。

(さくら舎 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る