「腸内細菌革命」辨野義己著

公開日: 更新日:

 腸内環境を健やかに保つことは、免疫力を強化して健康維持に役立つことが知られてきた。そして今、腸の役割の研究はさらに進み、脳の働きにも大きな影響を与えることが分かってきたという。

 腸と脳の間には「腸脳相関」と呼ばれるネットワークがあり、私たちが感じる幸福感や喜びは、腸内細菌がつくる脳内物質に支えられているのだ。

 例えば、ドーパミンが減少すると認知症やパーキンソン病のリスクが高まるが、一方で過剰につくられると統合失調症に陥るといわれている。そして、腸内環境が正常に保たれている人ほど、ドーパミンの分泌が正常に保たれていることが明らかに。ヨーグルトや納豆など、腸内細菌を活性化させる食事についても解説する。

(さくら舎 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る