「大間・新原発を止めろ」稲沢潤子・三浦協子著

公開日:  更新日:

 青森県下北半島の最北端に位置する人口6000人余の大間町。「大間マグロ」で有名だが、ここに史上最悪ともいわれる新型原発工事が進んでいる。燃料にプルトニウムとウランの混合燃料(MOX)を装荷するフルMOX型の原発であり、重大な事故が起きた場合、プルトニウムの拡散により、通常のウラン原発の数十倍の被害を引き起こすといわれている。

 本書は、大間・東通原発、六ケ所核燃サイクル基地、むつ中間貯蔵施設が集中する下北半島の現在をルポすると同時に、脱原発に向けた未来を展望する。

(大月書店 1800円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る