「大間・新原発を止めろ」稲沢潤子・三浦協子著

公開日: 更新日:

 青森県下北半島の最北端に位置する人口6000人余の大間町。「大間マグロ」で有名だが、ここに史上最悪ともいわれる新型原発工事が進んでいる。燃料にプルトニウムとウランの混合燃料(MOX)を装荷するフルMOX型の原発であり、重大な事故が起きた場合、プルトニウムの拡散により、通常のウラン原発の数十倍の被害を引き起こすといわれている。

 本書は、大間・東通原発、六ケ所核燃サイクル基地、むつ中間貯蔵施設が集中する下北半島の現在をルポすると同時に、脱原発に向けた未来を展望する。

(大月書店 1800円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る