「リオとタケル」中村安希氏

公開日:  更新日:

 70年代から90年代にかけてアメリカの演劇界でデザイナーとして活躍し、今なお人々からの信頼厚いリオとタケルというゲイカップルを追ったノンフィクションである。

「リオは私の学生時代の恩師で、とにかく誰からも好かれる人でした。かくいう私もその一人で、卒業してからも何かとまとわりついていた(笑い)。一言でいうと一人の人間として他に類を見ない魅力があるんです。彼はその魅力をどのように身に付けたのか、私はなぜこんなに彼に引かれるのかを知りたかったのが取材を始めたキッカケです」

 リオの人生を追ううえで、抜きにして語れないのがリオと38年間共に暮らすパートナーである日本人のタケルだ。

 著者は日米を行き来し、2人の家族、友人、同僚といった周縁を3年かけて取材した。そこから見えてくるのは、ゲイを公表して生きる彼らが、オープンな人間関係を構築し、前向きに思考し、アーティストとして、教師として必要とされる人材であり続けるために努力する姿だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る