「リオとタケル」中村安希氏

公開日: 更新日:

 70年代から90年代にかけてアメリカの演劇界でデザイナーとして活躍し、今なお人々からの信頼厚いリオとタケルというゲイカップルを追ったノンフィクションである。

「リオは私の学生時代の恩師で、とにかく誰からも好かれる人でした。かくいう私もその一人で、卒業してからも何かとまとわりついていた(笑い)。一言でいうと一人の人間として他に類を見ない魅力があるんです。彼はその魅力をどのように身に付けたのか、私はなぜこんなに彼に引かれるのかを知りたかったのが取材を始めたキッカケです」

 リオの人生を追ううえで、抜きにして語れないのがリオと38年間共に暮らすパートナーである日本人のタケルだ。

 著者は日米を行き来し、2人の家族、友人、同僚といった周縁を3年かけて取材した。そこから見えてくるのは、ゲイを公表して生きる彼らが、オープンな人間関係を構築し、前向きに思考し、アーティストとして、教師として必要とされる人材であり続けるために努力する姿だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る