• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「リオとタケル」中村安希氏

 70年代から90年代にかけてアメリカの演劇界でデザイナーとして活躍し、今なお人々からの信頼厚いリオとタケルというゲイカップルを追ったノンフィクションである。

「リオは私の学生時代の恩師で、とにかく誰からも好かれる人でした。かくいう私もその一人で、卒業してからも何かとまとわりついていた(笑い)。一言でいうと一人の人間として他に類を見ない魅力があるんです。彼はその魅力をどのように身に付けたのか、私はなぜこんなに彼に引かれるのかを知りたかったのが取材を始めたキッカケです」

 リオの人生を追ううえで、抜きにして語れないのがリオと38年間共に暮らすパートナーである日本人のタケルだ。

 著者は日米を行き来し、2人の家族、友人、同僚といった周縁を3年かけて取材した。そこから見えてくるのは、ゲイを公表して生きる彼らが、オープンな人間関係を構築し、前向きに思考し、アーティストとして、教師として必要とされる人材であり続けるために努力する姿だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る