「21世紀に、資本論をいかによむべきか?」フレドリック・ジェイムソン著 野尻英一訳

公開日:  更新日:

 米国を代表する現代思想家が、マルクスの資本論を読み解いたテキスト。

 通常、マルクス主義は、資本主義の矛盾とは生産力と生産関係との間の矛盾であるとする。教科書的な解釈を拒否する氏は、資本論は、現代の状況に当てはめればフリーターやニート、ひきこもりなどの「ロスト・ポピュレーションズ(失われた人々の層)」についての書物だと主張。

 資本主義の矛盾とは、資本主義がロスト・ポピュレーションズを生み出すことにあると説く。フランスの経済学者、トマ・ピケティの話題の「21世紀の資本」とはまた異なる視点で資本論を論じた注目の書。

(作品社 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る