「田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』」渡邉格著

公開日: 更新日:

■「腐らない」経済から「腐る」経済へ

 岡山県でパン屋を営む著者の経営理念は「利潤を出さないこと」。その結論に至るまでの日々を語りながら、自らが実践する「腐る経済」について論じた生き方本。

 著者夫妻は、07年に千葉でパン屋を開業するが、原材料の高騰やリーマン・ショックなど世界経済の荒波に翻弄される。そんな中、父から勧められマルクスの資本論を読んだ氏は、世に出回る「腐らない」食べ物が「食」の値段を下げ、「職」をも安くし、その「安い食」は作り手から技術や尊厳を奪っている事実に気づく。さらに「腐らない」お金が資本主義のおかしさをつくりだしていることにも。そうして行き着いたパン作りにおける「発酵」に学ぶ「腐る経済」を提案。
(講談社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  3. 3

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  4. 4

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る