「田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』」渡邉格著

公開日:  更新日:

■「腐らない」経済から「腐る」経済へ

 岡山県でパン屋を営む著者の経営理念は「利潤を出さないこと」。その結論に至るまでの日々を語りながら、自らが実践する「腐る経済」について論じた生き方本。

 著者夫妻は、07年に千葉でパン屋を開業するが、原材料の高騰やリーマン・ショックなど世界経済の荒波に翻弄される。そんな中、父から勧められマルクスの資本論を読んだ氏は、世に出回る「腐らない」食べ物が「食」の値段を下げ、「職」をも安くし、その「安い食」は作り手から技術や尊厳を奪っている事実に気づく。さらに「腐らない」お金が資本主義のおかしさをつくりだしていることにも。そうして行き着いたパン作りにおける「発酵」に学ぶ「腐る経済」を提案。
(講談社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る