【テレビの正体】「質の低下」が叫ばれるテレビ界。その嘆かわしい実態を検証する。

公開日:  更新日:

「内側から見たテレビ」水島宏明著

 NHK“モミイ問題”の前からテレビ界の「劣化」は問題視されてきた。典型が、NHKはじめ各局が「全聾の天才音楽家」と持ち上げた「佐村河内事件」や「小保方STAP細胞騒動」。本書の著者は日本テレビで長年、報道記者やディレクター、番組のキャスターやコメンテーターまでほぼあらゆる役割を体験してきたメディア研究者だが、背景に「感動を欲する取材者や制作者たちの薄っぺらさ」があるという。

 この傾向があらわになったのは「NHKニュースの民放化、バラエティー化」が始まってから。特に06年に始まった「ニュースウオッチ9」は「記者の顔出しリポート」という民放ならではのスタイルを露骨に模倣。実はそれまで民放記者は「大事なニュースはNHKがしっかり報道してくれる」と安心していた。だからこそクソマジメなNHKの逆張りが民放の強みになったのだが、いまやNHKが「行列のできるラーメン店」をトップに持ってきたりする時代。局内でも政治家・官庁に近い政治部や財界寄りの経済部が幅を利かせ、庶民に寄り添う社会部が弱体化しているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る