【テレビの正体】「質の低下」が叫ばれるテレビ界。その嘆かわしい実態を検証する。

公開日: 更新日:

「内側から見たテレビ」水島宏明著

 NHK“モミイ問題”の前からテレビ界の「劣化」は問題視されてきた。典型が、NHKはじめ各局が「全聾の天才音楽家」と持ち上げた「佐村河内事件」や「小保方STAP細胞騒動」。本書の著者は日本テレビで長年、報道記者やディレクター、番組のキャスターやコメンテーターまでほぼあらゆる役割を体験してきたメディア研究者だが、背景に「感動を欲する取材者や制作者たちの薄っぺらさ」があるという。

 この傾向があらわになったのは「NHKニュースの民放化、バラエティー化」が始まってから。特に06年に始まった「ニュースウオッチ9」は「記者の顔出しリポート」という民放ならではのスタイルを露骨に模倣。実はそれまで民放記者は「大事なニュースはNHKがしっかり報道してくれる」と安心していた。だからこそクソマジメなNHKの逆張りが民放の強みになったのだが、いまやNHKが「行列のできるラーメン店」をトップに持ってきたりする時代。局内でも政治家・官庁に近い政治部や財界寄りの経済部が幅を利かせ、庶民に寄り添う社会部が弱体化しているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る