【テレビの正体】「質の低下」が叫ばれるテレビ界。その嘆かわしい実態を検証する。

公開日: 更新日:

「内側から見たテレビ」水島宏明著

 NHK“モミイ問題”の前からテレビ界の「劣化」は問題視されてきた。典型が、NHKはじめ各局が「全聾の天才音楽家」と持ち上げた「佐村河内事件」や「小保方STAP細胞騒動」。本書の著者は日本テレビで長年、報道記者やディレクター、番組のキャスターやコメンテーターまでほぼあらゆる役割を体験してきたメディア研究者だが、背景に「感動を欲する取材者や制作者たちの薄っぺらさ」があるという。

 この傾向があらわになったのは「NHKニュースの民放化、バラエティー化」が始まってから。特に06年に始まった「ニュースウオッチ9」は「記者の顔出しリポート」という民放ならではのスタイルを露骨に模倣。実はそれまで民放記者は「大事なニュースはNHKがしっかり報道してくれる」と安心していた。だからこそクソマジメなNHKの逆張りが民放の強みになったのだが、いまやNHKが「行列のできるラーメン店」をトップに持ってきたりする時代。局内でも政治家・官庁に近い政治部や財界寄りの経済部が幅を利かせ、庶民に寄り添う社会部が弱体化しているらしい。

 若者のテレビ離れが目立つ昨今、テレビ界の悩みは深い。(朝日新聞出版 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット