【テレビの正体】「質の低下」が叫ばれるテレビ界。その嘆かわしい実態を検証する。

公開日: 更新日:

「内側から見たテレビ」水島宏明著

 NHK“モミイ問題”の前からテレビ界の「劣化」は問題視されてきた。典型が、NHKはじめ各局が「全聾の天才音楽家」と持ち上げた「佐村河内事件」や「小保方STAP細胞騒動」。本書の著者は日本テレビで長年、報道記者やディレクター、番組のキャスターやコメンテーターまでほぼあらゆる役割を体験してきたメディア研究者だが、背景に「感動を欲する取材者や制作者たちの薄っぺらさ」があるという。

 この傾向があらわになったのは「NHKニュースの民放化、バラエティー化」が始まってから。特に06年に始まった「ニュースウオッチ9」は「記者の顔出しリポート」という民放ならではのスタイルを露骨に模倣。実はそれまで民放記者は「大事なニュースはNHKがしっかり報道してくれる」と安心していた。だからこそクソマジメなNHKの逆張りが民放の強みになったのだが、いまやNHKが「行列のできるラーメン店」をトップに持ってきたりする時代。局内でも政治家・官庁に近い政治部や財界寄りの経済部が幅を利かせ、庶民に寄り添う社会部が弱体化しているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る

人気キーワード