「時代劇は死なず!」春日太一著

公開日:  更新日:

 東映京都撮影所がある太秦には、他にも松竹、二十数年前までは大映の撮影所もあった。この3撮影所で撮影された時代劇映画は1950年代に黄金期を迎えるが、60年代に入ると急速に不振に陥った。本書は、危機的状況を乗り越え、時代劇を作り続けた各撮影所のスタッフたちの奮闘を追ったドキュメンタリー。

 かつて全邦画興行収入の3割以上を稼ぎ出していた東映時代劇だが、黒沢明監督「用心棒」などの登場で色あせ、東映は任侠映画へと路線を変更。時代劇を支えたスタッフは、テレビの時代劇ドラマの制作へとシフトしていく。「新選組血風録」など往年の傑作時代劇ドラマの誕生の舞台裏も描いたファン必読の書。(河出書房新社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る