「時代劇は死なず!」春日太一著

公開日: 更新日:

 東映京都撮影所がある太秦には、他にも松竹、二十数年前までは大映の撮影所もあった。この3撮影所で撮影された時代劇映画は1950年代に黄金期を迎えるが、60年代に入ると急速に不振に陥った。本書は、危機的状況を乗り越え、時代劇を作り続けた各撮影所のスタッフたちの奮闘を追ったドキュメンタリー。

 かつて全邦画興行収入の3割以上を稼ぎ出していた東映時代劇だが、黒沢明監督「用心棒」などの登場で色あせ、東映は任侠映画へと路線を変更。時代劇を支えたスタッフは、テレビの時代劇ドラマの制作へとシフトしていく。「新選組血風録」など往年の傑作時代劇ドラマの誕生の舞台裏も描いたファン必読の書。(河出書房新社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る