「時代劇は死なず!」春日太一著

公開日: 更新日:

 東映京都撮影所がある太秦には、他にも松竹、二十数年前までは大映の撮影所もあった。この3撮影所で撮影された時代劇映画は1950年代に黄金期を迎えるが、60年代に入ると急速に不振に陥った。本書は、危機的状況を乗り越え、時代劇を作り続けた各撮影所のスタッフたちの奮闘を追ったドキュメンタリー。

 かつて全邦画興行収入の3割以上を稼ぎ出していた東映時代劇だが、黒沢明監督「用心棒」などの登場で色あせ、東映は任侠映画へと路線を変更。時代劇を支えたスタッフは、テレビの時代劇ドラマの制作へとシフトしていく。「新選組血風録」など往年の傑作時代劇ドラマの誕生の舞台裏も描いたファン必読の書。(河出書房新社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード