「テレビの裏側がとにかく分かる『メディアリテラシー』の教科書」長谷川豊著

公開日: 更新日:

 フジテレビの人気男性アナだった著者。社内での横領容疑で騒ぎとなり、自ら退職。ブログを立ち上げてテレビ界の批判を始めた。「あるある大事典」では回転ずしの右回りが心理学的に見て食欲をそそる(!?)という珍説の流布に手を染め、09年の新型インフルエンザ騒動では放送直前に「ただの風邪」と判明したのに番組があおりにあおったため全国を巻き込む大騒動になったという。

 著者はみずからの旧悪を告白しながら、要はテレビの言うことを「一歩引いてみる」のが大事という。テレビが口にすることの多くは「商品」なのだ。だから一歩引いて疑え、それがメディアリテラシー(メディアを「読む」力)なのだ。

(サイゾー 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る

人気キーワード