「テレビの裏側がとにかく分かる『メディアリテラシー』の教科書」長谷川豊著

公開日: 更新日:

 フジテレビの人気男性アナだった著者。社内での横領容疑で騒ぎとなり、自ら退職。ブログを立ち上げてテレビ界の批判を始めた。「あるある大事典」では回転ずしの右回りが心理学的に見て食欲をそそる(!?)という珍説の流布に手を染め、09年の新型インフルエンザ騒動では放送直前に「ただの風邪」と判明したのに番組があおりにあおったため全国を巻き込む大騒動になったという。

 著者はみずからの旧悪を告白しながら、要はテレビの言うことを「一歩引いてみる」のが大事という。テレビが口にすることの多くは「商品」なのだ。だから一歩引いて疑え、それがメディアリテラシー(メディアを「読む」力)なのだ。

(サイゾー 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る