「今日より明日は少しはマシになる」と信じる希望の思想

公開日:  更新日:

「希望の思想 プラグマティズム入門」大賀祐樹著

 ニーチェのいうような「超人」になどなれない平凡なわれら。しかし平凡だからこそ、何かを「正しい」と信じることができなければ先へは進めない。今日よりも明日は少しはマシになるはずと信じる心。「プラグマティズムは、そんな私たちの生を肯定する、『希望の思想』なのである」と著者はいう。

 理性や合理的思考に批判的であいまいな表現を多用するヨーロッパ的な大陸哲学に対して、論理的な整合性や経験的実証性を重んじる英米型の分析哲学。プラグマティズムは後者の流れをくみながらも独自の姿勢を打ち立て、先駆的な大衆社会となったアメリカで独自の発展を遂げる。

 たとえば大衆社会では近代民主主義が理想とした「公衆の参加」など行われず、政治家や公務員や有力者ら「関係者」が政治を動かすと考えられた。しかしプラグマティズムの教育学者デューイは隣人同士のつながる共同体の経験があれば、大衆社会を「大きなコミュニティー」にすることは可能だと考えていた。ここから現代的な共生と連帯の可能性へと進む議論はスリリングだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る