「今日より明日は少しはマシになる」と信じる希望の思想

公開日: 更新日:

「希望の思想 プラグマティズム入門」大賀祐樹著

 ニーチェのいうような「超人」になどなれない平凡なわれら。しかし平凡だからこそ、何かを「正しい」と信じることができなければ先へは進めない。今日よりも明日は少しはマシになるはずと信じる心。「プラグマティズムは、そんな私たちの生を肯定する、『希望の思想』なのである」と著者はいう。

 理性や合理的思考に批判的であいまいな表現を多用するヨーロッパ的な大陸哲学に対して、論理的な整合性や経験的実証性を重んじる英米型の分析哲学。プラグマティズムは後者の流れをくみながらも独自の姿勢を打ち立て、先駆的な大衆社会となったアメリカで独自の発展を遂げる。

 たとえば大衆社会では近代民主主義が理想とした「公衆の参加」など行われず、政治家や公務員や有力者ら「関係者」が政治を動かすと考えられた。しかしプラグマティズムの教育学者デューイは隣人同士のつながる共同体の経験があれば、大衆社会を「大きなコミュニティー」にすることは可能だと考えていた。ここから現代的な共生と連帯の可能性へと進む議論はスリリングだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る

人気キーワード