「やさしく極める焼肉 虎の巻」松岡大悟著

公開日: 更新日:

 某焼き肉店で店主と世間話をしていたら、「お客さんが、皆さん、食べ方というか焼き方がヘタで、見ていて、やきもきというかイライラしてしまう」と意外なことを言われた。

 そういえば、「自分たちはなにも考えずにただ焼いていただけかも」と気付き、“うまい焼き肉”を極めることに。

 焼き肉を極上の味に引き上げる基本のキは「強火の遠火」。表面を強火で炙ることで、焼けた部分が防波堤の役目を果たし、うま味を封じ込める。「遠火」にするのは、火加減のムラをなくすためだ。

 そのほか、「ホルモンは表面を下にして焼くのが不動のルール」「とりあえずキムチのオーダーは最悪」など極意23技を大公開。(扶桑社 580円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  6. 6

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  7. 7

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  8. 8

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  9. 9

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る

人気キーワード