• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

 食に関する情報は、多くの人にとって大きな関心事だが、昨今、食の安全に関するニュースが後を絶たず、不安は募るばかりだ。そこで健康のために、現代人は何を食べるべきなのかを改めて教えてくれる本を紹介する。驚くべき知見が満載で、常識が覆される。

■「オーガニックラベルの裏側」クレメンス・G・アルヴァイ著、長谷川圭訳

 ヨーロッパ各地の生産現場を取材し、有機食品の舞台裏に迫り、人々の抱くイメージとは異なるその実態を伝えたリポート。

 ドイツ国内の有機養鶏場では、採算性を求めるあまり、有機とは本来無縁であるはずの遺伝子を組み換えたハイブリッド種の鶏を飼育。従来型の非有機飼料に合わせてデザインされたハイブリッド鶏は、有機飼料だけでは栄養が不足するために非有機飼料も与えられ、抵抗力が弱いために抗生物質も使用されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る