「毒があるのになぜ食べられるのか」船山信次著

公開日: 更新日:

 人間の味覚の甘味・塩味・ウマ味は体に不可欠な栄養素の、酸味・苦味は防御的に不快で避けるべきもののシグナルだという。しかし、食べ物には毒になれば薬になるものもある。そんな飲食物と毒と薬の関係を解説したテキスト。

 例えば、「ギンナンは年の数以上食べるな」と言われるのは脳内の鎮静性の伝達物質の生成を抑制するギンコトキシンを含有するから。一方、健康食品の納豆は、血液の凝固を阻止する薬ワルファリンの作用を邪魔するという。そもそも人間に都合が良いのを薬、悪いのを毒と呼んでいるだけで、その線引きは難しい。生きることの基本である食べ物について改めて考えさせられる教養書。(PHP研究所 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る