「毒があるのになぜ食べられるのか」船山信次著

公開日: 更新日:

 人間の味覚の甘味・塩味・ウマ味は体に不可欠な栄養素の、酸味・苦味は防御的に不快で避けるべきもののシグナルだという。しかし、食べ物には毒になれば薬になるものもある。そんな飲食物と毒と薬の関係を解説したテキスト。

 例えば、「ギンナンは年の数以上食べるな」と言われるのは脳内の鎮静性の伝達物質の生成を抑制するギンコトキシンを含有するから。一方、健康食品の納豆は、血液の凝固を阻止する薬ワルファリンの作用を邪魔するという。そもそも人間に都合が良いのを薬、悪いのを毒と呼んでいるだけで、その線引きは難しい。生きることの基本である食べ物について改めて考えさせられる教養書。(PHP研究所 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る

人気キーワード