• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「毒があるのになぜ食べられるのか」船山信次著

 人間の味覚の甘味・塩味・ウマ味は体に不可欠な栄養素の、酸味・苦味は防御的に不快で避けるべきもののシグナルだという。しかし、食べ物には毒になれば薬になるものもある。そんな飲食物と毒と薬の関係を解説したテキスト。

 例えば、「ギンナンは年の数以上食べるな」と言われるのは脳内の鎮静性の伝達物質の生成を抑制するギンコトキシンを含有するから。一方、健康食品の納豆は、血液の凝固を阻止する薬ワルファリンの作用を邪魔するという。そもそも人間に都合が良いのを薬、悪いのを毒と呼んでいるだけで、その線引きは難しい。生きることの基本である食べ物について改めて考えさせられる教養書。(PHP研究所 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る