「日本人は、どんな肉を喰ってきたのか?」田中康弘著

公開日:  更新日:

■日本人は肉食民族だった!

 農耕民族である日本人は、米や野菜ばかりを食べてきた民族と思われがちだが、実は古くから獣を狩って食べてきた、立派な肉食民族なのだ。

 田中康弘著「日本人は、どんな肉を喰ってきたのか?」(枻出版社 1500円)では、日本の最北端から最南端まで、今も各地に残る狩猟の様子と肉食文化について、多数の写真とともに紹介している。

 沖縄県の西表島では、“カマイ”と呼ばれる琉球猪を狩り、食べる文化が受け継がれている。猟は竹と木で作られた罠を地面に埋め込む罠猟が基本で、これをカマイが踏み込むとワイヤが引き上げられて固定される。ほとんどの罠が猟師自身の手作りだ。カマイの大きさは10~30キロほどで、食べる直前まで生かしておき、解体の際に喉元から刃物を入れて一気に心臓付近の動脈を切って血を抜いてしまう。短時間で血を抜かないと、腹腔に血がたまり肉質に悪影響を及ぼすためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る